物事の本質を理解するために!

私たち人間は、どうして「勉強」しなければならないのでしょうか?

それは、物事の「本質を理解できる人間になるためだと思います。

そこで、本質を理解できなかった時代(当時の人たちが悪いわけではありません)の、おかし

行動を幾つか紹介します。

 

1  犬の舌で傷を治す
 野生動物(主に哺乳類)が怪我をした時、自分にできる治療法は、ひたすら傷口を舐める

 ことだけです

 

 舐めて舐めて舐めつくして、傷を治します。boxer-1335146_640

 唾液にはリゾチーム・ラクトフェリン・免疫グロブリンなどの

 抗菌・殺菌作用のある物質のほか、ヒスタチンなど、傷口を

 早く治す物質も含まれていることが分かっています。



 昔は、そんな科学的なことは分かりませんから、犬のそのものに傷を治す物質があると

 信じられ、犬の舌を傷口に貼り付ける治療が、実際に行われていました。

 

2  ヘビの眼病を治す草 
 ヘビは、脱皮前になると目が白く濁ってきます。

 脱皮は、古い表皮を脱ぎ捨てる大事な生理作用で、目の表面を被う透明な鱗も剥がれ落ちて

 新しくなります。

    でも、時々うまく剥がれ落ちずに、目が白く濁ったままになることもあります。

 当然、ヘビは目が見えませんから、あちらこちらにぶつかりながら、進むことになります。

 目の白いヘビを見た人たちは、「あのヘビは目の病気に罹り、きっと目が見えなくなった

 のだろう」と思ってしまいます。


 
 目が見えないのはヘビにとっても都合が悪いので、たとえば草むらなどに入って目をこすり、

 何とか残った鱗を取ることに成功します。

 それを見た人たちは、ヘビが目を擦ったは、きっと目の病気を治す「薬効があるに

 違いないと思ってしまいます。

 一瞬で、目がきれいになるのですから。

 

3  ダチョウとダイヤモンド
 ダチョウを食べていた頃の話ですが、上記の二つから導かれる「おかしな行動」とは何か、

 考えてみて下さい。wild-1701781_640

 

 

 

 

4  ウミガメ放流会の真実
 
 夏になると、日本各地でウミガメ放流会が催されます。

  今でこそ、ウミガメの生態を無視した放流会は少なくなりましたが、最近までウミガメ虐待

 に近い放流会が当たり前のように行われていました。

 放流会当日、子ガメは50匹しかいないのに、200人の子どもたちが集まったとします。

    たとえば、ジャンケンなどで子ガメの数だけ子どもを選び、その子どもだけに放流させよう

    とすると、どうなるでしょう。



 「せっかく来たのに!、夏休みの宿題にするつもりだったのに!、うちの子にもさせろ~」

 などなど。

 あなたが放流会当日の担当者だとしたら、どうしますか。



 実例ですが、まず50人の子どもに子ガメを渡します。

 子どもたちは子ガメを持って、波打ち際で放流します。

 子どもなりに、子ガメに砂浜を歩かせるのは可哀想だと思うのでしょう。

 子ガメは元気よく沖に向かって泳いで行きますが、そこには網を持った親父が何人かいて、

 せっかく放流した全ての子ガメを回収します。

 そして、順番を待っている次の50人に子ガメを渡し、放流させるのです。

 全部の子ども終わるまで。night-387223_640

 子ガメにとっては、虐待そのものです。

 

 

 

 実際、正式な放流前に力尽きて死んでしまう子ガメもいたことを、長年、ウミガメ保護に

 携わった方から聞いたことがあります。

 穴の中で孵化した子ガメは、を待って海に帰って行きます。夜の方が安全ですから。

 

子ガメは、紫外線のある方向(夜でも、海面が紫外線を反射している)に向かう性質があり

 ます。

 通常、孵化してから12~24時間くらいが子ガメの活動期で、外敵から逃れるため、ひたすら

 沖に向かって泳いで行った後、少し休むようです。

 

 一方、放流会に使われる子ガメたちは、その一番大事な活動期を、バケツなどの中で過ごす

 ことになります。

 気力を振りしぼり、やっとの思いで沖に向かうと、そこには親父が!



 ウミガメのメスには母浜回帰性があり、産卵のために生まれた浜(生まれた浜の近くの浜)

 に戻って来るとも言われていますが、その生態は十分には解明されてはいません。

 またウミガメは、方位磁石によって地磁気を感知し、自分の位置が分かるとも言われて

 います。

 その大事な方位磁石は、孵化した子ガメが砂浜を歩く時に体内

 に取り込まれるという説もあり、まだまだ分からないことだらけ

 です。

 

 

 子ガメの放流は波打ち際ではなく、砂浜をしっかり歩かせることが大事なのかも知れません。



次に、科学的根拠は分からなくても、その真理を理解していた時代の話です。

秋になると稲穂が実ります。 その時期はカミナリが多く、当時の人たちは、カミナリのお陰で

「稲穂が実る」と考えていました。%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%85%e3%83%9e%ef%bc%9a0475fcc65dfface14f0bcca6298dbd0d_l

ですから稲にとってなくてはならない大事な存在として、イナヅマ

稲の夫又は妻ということばも生まれたのでしょう。

昔の夫婦・恋人が相手を呼ぶことばは、男女関係なく「つま」と

 言っていたそうです。

植物の成長に窒素は欠かせませんが、その多くは空気中にあり、自然界の多くの植物は利用する

ことができません。

分かりやすく言えば、カミナリが発生することにより、窒素と酸素が結びついた窒素酸化物

生まれ、雨水などと一緒に土中に入ることで植物の栄養になるのです。

 

高台にある団地の高圧線下でも、立派な野菜や花などを見かけることがあります。

でも実際は、電線のお陰以上に元肥や追肥など、住民の皆さんの努力の賜物なのでしょう。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 物事の本質を理解するために!