星になったキング


絵本Web版はこちらをクリックしてください!

 

あるところにいた、ゴリラのお話です。%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%83%a9%ef%bc%9ac784_edawokuwaerugorira_tp_v

そこにはオスの「キング」とメスの「メリー」という、ともて仲の

いいゴリラがいました。

ふたりの間に赤ちゃんの期待もありましたが、メリーが思いがけない

事故で亡くなってしまったので、キングは長い間、ひとりぼっちで

暮らしていました。

 

ある晴れた日、飼育係の津崎さんと山口君は、キングの様子がおかしいことに気付きました。

次の日、二人がキングの様子を見に行くと、昨日のエサがほとんど残っていました。

こんなことは今までなかったので、少し心配になりながらも、数日は様子をみていましたが、

横になったキングはエサを食べようとはしません。

 

麻酔して血液検査をしてみると、腎臓が悪くなっていることが分かりました。

すぐに点滴治療を開始しましたが、キングの食欲は戻らず、水分しか受け付けません。

 

いつもなら十数秒で飲み終わるミルクも、鉄格子の間からスプーンで一杯ずつ飲ませる日々

が続きました。

私たちの願いが通じたのか、キングは少しずつ元気になり、野菜(レタス)を食べるまでに

回復しました。

 

gum01_ph02040

その夜、その様子を見届けた津崎さんが、扉の陰で男泣きしている

姿がありました。

私たちは奇跡を信じましたが、体は起こせても膝が曲がらず、起き

上がれないのです。

 

 

体の大きな動物が同じ姿勢を続けると、「床ずれ」を起こす恐れがあります。

ですから、一日に何度も姿勢を変えなければなりません。

そのたびに麻酔もできないので、干し草やクッションを敷いて、点滴の後に一日一回、姿勢を

変えることにしました。

でも居心地が悪いのか、キングはいつもの姿勢になってしまいます。

ある朝、キングの体を動かすと、恐れていた床ずれを起こしていました。

 

治療を始めて三カ月が過ぎた頃、その日は突然やってきました。%e6%98%9f%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%ef%bc%9a67026427_4a6c8b011861b

年に一度の星まつりから三日目の朝、キングは人知れずメリーの許

に逝ったのでした。

 



久しぶりの静けさが、朝の獣舎を包んでいました。

アバラが浮き出るほどに痩せ細った体を撫でながら、私とキングは初めて、お互いの想い

り合いました。

 

大学での解剖に立ち会う山口君は「何でおまえが、何でおまえが」と肩を震わせながら、生前

キングが好きだった野菜や果物を箱いっぱいに詰めていました。%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%ef%bc%9aimg_0

車が動き始めると、私たちは心の中で叫んでいました。

 

「キング、精いっぱいの愛をありがとう!」

 

あとがき:
人気者のキングでしたから、花束などを持ってくる人がいるかも知れません。

記帳台も兼ねて飼育舎の前に机でも準備できないか、と上司に相談もしましたが、子供たちが

ふざけて「机に乗りはしないか、怪我でもしたらどうするのか」という後ろ向きの発想に終始

し、結局、紙切れ一枚張り出すだけの、寂しいものでした。

 

私には理解できませんが、長い間、人間を成長させるために「犠牲となったキングの

尊厳」・飼育員の「想い」よりも、行政マンとしての大事な何かが、あったのでしょう。

 

本来なら、解剖にも立ち会うべきでしたが、この時ばかりは、別の獣医師にお願いしました。

最後まで見届けないのは、「獣医師として無責任」と言われればそのとおりです。

私自身、いろんな想いがあったとしても、初めて「こころ」を開いてくれた「」だとして

も。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 星になったキング